アメリカのムダ毛事情

日本人ってムダ毛をとっても気にしますよね。特に夏はどこに行っても脱毛サロンの広告を目にする気がします。最近は女性だけではなくて男性にもムダ毛を気にする方が増えているみたいです。

5そんなムダ毛に敏感な日本人ですが、世界の他の人々と比べるとかなり体毛が薄いほうです。欧米人は日本人に比べて体毛が濃い方がかなり多いですが、、欧米の方は結構無頓着だったりします。例としてアメリカの女性は腕のムダ毛を処理する人が日本に比べてかなり少ないです。足のムダ毛はきちんとされている人が多いようですが、腕は相当な剛毛でもない限り、たいていの人がそのままという感じです。

また中には、女性だけムダ毛の処理をしないといけないという社会の意識が間違っている!ということで、フェミニストの思想をサポートするためまったくムダ毛の処理をしない人もいます。。。(腕、足はもちろん、わきもです)

といってもそういうのはある一部の人たちだけだったのですが、なんと最近その常識を打ち破るようなトレンドが出てきたようです。

それがなんと、ムダ毛を処理しないどころか、隠さない、むしろカラフルに染めてファッションの一部にするというものです。どうやらインスタグラムなどでファッションブロガーたちがピンクや緑に伸ばしたわきの毛を染めたことから話題になり、そしてその人気がマイリ—・サイルスなどのセレブにも飛び火しました。奇抜な衣装で有名なレディ・ガガはライブで緑の髪におそろいのふさふさ緑のわき毛、そしてなんと股間のあたりをやぶいたパンツからはウェービーな毛(これはさすがに付け毛でしょうか?)が見えるという超衝撃ファッションを披露しました。

とこのよにアメリカなど海外ではムダ毛事情がかなり違うようですが、このようなトレンドがムダ毛に敏感な日本にもやってくることはあるのでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です